リハビリテーション

<思いを形にできるリハビリテーションを求めて>

当院は、昭和47年よりリハビリテーションを提供する歴史ある病院です。地域のニーズに応じて、亜急性期から回復期、維持期や在宅での生活期に対するリハビリテーションを専門としております。回復期病棟では365日のサービス提供体制、療養病棟では長期的に継続できる体制を整えております。通院外来やデイケア、ショートステイ、訪問リハビリテーションを強化し、在宅支援にも取り組んでいます。

総合リハビリテーション室は、ご利用者並びにご家族の「元気になりたい」という思い、当室スタッフの「お役に立ちたい」との思い、当法人の「地域に根ざした病院」となるためにリハビリテーションを通じて、全ての思いを実現していきたいと思います。

わたしたちの取り組み

患者さんのための知識・技術、未来へつながる情報提供に取り組んでおります。完全マンツーマンの担当制を原則としてチームが入院から退院までをサポートします。

入院日当日、医師・看護師・セラピスト・相談員と共に患者様・ご家族様と面談し、リハビリ計画を作成します。入院日当日よりリハビリサービスを受けていただけます。

質の高いサービスを提供できるよう理学療法科,作業療法科,言語療法科より構成されており理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が高い専門性を高めてサービスを提供しております。回復期病棟、障害者病棟、医療療養病棟、介護療養病棟を縦糸として、運動器,脳血管,呼吸器,内部疾患,摂食嚥下の各チームを横糸として3科が合同で主体的にリハビリテーションの効率を高めます。

①各科紹介

▶理学療法 ▶作業療法 ▶言語療法

 

②選定療養とは

国が定めたリハビリ期限は、脳血管なら180日、運動器150日、呼吸器90日、廃用120日が上限期間となります。上限を超えると、月に受けて頂けるリハビリ回数に制限が生じます。国の定めた回数以上にリハビリを希望される方は、自費(選定療養)でリハビリサービスを受けていただけます。

医師と面談していただき、どのような方針で進めるのか、一緒に考えましょう。

<選定療養の費用について>

病名・病気によって異なります。20分につき

○ 脳血管疾患 2,646円

○ 運動器疾患 1,998円

○ 呼吸器疾患 1,890円

○ 廃用症候群 1,944円

外来リハビリ(医療保険)

 

当院や近隣の病院を退院された方、生活の中でできない動作や何かお困りのある方、腰や肩が痛い、スポーツで怪我したなどで悩まれている方は、当院外来リハビリサービスを受けていただけます。外来診察が必要となりますので、ご希望の方は当院にご連絡下さい。

理学療法科

血管、運動器、呼吸器を専門とする理学療法士を配置しております。糖尿病に対する運動療法、スポーツ障害やその予防にも取り組んでおります。温泉を活かした温熱療法と理学療法との効果にも着目しております。

作業療法科

体はもちろんですが、心のケアや福祉用具の選定を専門とする作業療法士を配置しております。精神・認知面が影響し体のケアにお困りの方や車椅子やクッション、住宅環境、介護実技のアドバイスをお求めの方はご相談下さい。

言語療法科

言葉が出ない・出にくい、考えがまとまらない、注意が継続しないなど、失語や高次脳機能障害を専門とする言語聴覚士を配置しております。えん下機能や学習など高齢者から小児を対象にしておりますので、ご希望される方は是非お待ちしております。

在宅支援サービス(介護保険)

一日でも長く、住み慣れた地域で在宅生活をおくっていただけるよう、介護保険下でのリハビリサービスを整えています。通いながらリハビリサービスを受けられたい場合はデイケアがあります。在宅に伺う訪問リハビリ、数日間入院してリハビリを受けられる場合はショートステイがあります。

デイケア

個別リハビリ、集団リハビリ、認知症予防トレーニング、パワーリハビリテーションなどにて心と体の向上を図ります。介護状態が悪化しないように、またご家族へのアドバイスも行います。

訪問リハビリ

経験のあるリハビリ士が、在宅を訪問し、リハビリサービスを提供いたします。慣れた場所で、何度も動作練習を行います。また環境調整や福祉用具、ご家族へのアドバイスも行います。

ショートステイでのリハビリ

ご本人の集中的なリハビリ、ご家族の介護量軽減を図り、病院に数日間入院していただき、その間心と体が低下しないように、リハビリサービスを提供します。退院後のアドバイスも行います。